デザインを考える

手のひらの中の地球

Webデザインのトレンド

現在のWebデザイントレンドは表示デバイスの多様化、スマートフォンアプリの一般化、タッチスクリーンの普及により、デザインも大きく変化してきています。以前は限られた領域にどれだけの要素を詰め込むかを考え設計をされていたが、現在は密度は低く、ページは長くなる傾向にあります。全体的にトップイメージの画面は大きく使用し、利用者が迷わない設計になっている。これは、スマートフォンなどの普及によりタッチスクリーンでの利用者が多くなったこともある。また、製作者側としてもレスポンシブWebにしやすいという利点もある。デザインとしては、トップにビデオ動画を利用しているサイトも多くなってきた。また、以前は右や左にメニューを置いた2カラム、3カラムのデザインを基本としていたが、現在のトレンドとしては1カラムデザインが多くなってきている。

制作する上での注意点

レスポンシブWebデザインを設計するうえでの注意点は、その特徴からレイアウトの自由度が低いと言われている。最大の特徴は色々な端末から見れるということであるため、設計する前に端末のサイズを確認しておかなければならない。またデバイスごとに解像度が違うため、画像に書かれた文字が小さくなってしまうという問題もある。そこも注意しながら、デザインをしなければならない。また、Webデザインはファーストビュー(デバイスにアクセスしたときにユーザーが初めて目にする部分)に気を付けてデザインをしなければならないが、画面サイズが変わった際、どのようになるか、どのデバイスでも見やすいように、想定をし、シュミレーションをしながら制作する必要がある。